【知らなきゃ危ない】肥満が及ぼす健康被害!

肥満が原因で病気に!?

肥満が及ぼす健康被害は非常に深刻な問題です。

 

放っておけば命を脅かすこともあるので、注意が必要です。

 

「肥満は身体に悪影響が出る」という事を聞いた事がありませんか?
おそらく多くの方々が、よく耳にする言葉だと思います。

 

しかし、「実際にどういう風に影響が出るのか」という部分に関しては、実は無知な方々が多いのです。

 

糖尿病になりやすい

これは有名な病気ですね。
一度糖尿病になると不治の病と言われているほどなので、完治することは無いと言われています。

 

血糖値を下げる働きをする「インスリン」という身体の成分があり、これによって、人間は食事の際に上昇する血糖値を抑えて、健康な生活を送れているのです。

 

しかし内臓脂肪が増えると、インスリンの働きを邪魔する「TNF−α」という物質が生成されてしまうのです。

 

これによってブドウ糖が身体に取り込まれずらくなり、糖尿病を発症します。

 

軽度は薬によって対応されますが、糖尿病の重度が高くなってくると、注射によって、別途インスリンを打ち込み続けなければならなくなります。

 

高血圧になりやすい

肥満になると、血液の循環が増え、心臓から血液を送るために、普通の人よりも圧力が必要になってきます。

 

先ほども説明した「TNF−α」が生成されると、インスリンの働きに邪魔してくるので、身体はより一層のインスリンを分泌するようになります。

 

インスリンは良い事ばかりではなく、肝臓機能を低下させる効果があるので、塩分が排出できなくなってしまい、結果的に血圧が上昇します。

 

このような状態を高血圧と呼びます。

 

脂質異常症になりやすい

血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなってくると、血液の粘土が高くなって、動脈硬化を起こしやすくなってしまいます。

 

この粘土が高くなった状態が脂質異常症と呼ばれています。

 

これらから引き起こされる病気・弊害

これらによって引き起こされる可能性のある病気や弊害は数知れません。

 

「動脈硬化」「くも膜下出血」「心筋梗塞」「脳梗塞」「変形性膝関節症」「睡眠時無呼吸症候群」等々、言い出したらキリがありません。

 

そして、いずれにも言える事が【死の危険】があるという事。

 

たとえ助かったとしても、障害が残る可能性があるものばかりです。

 

糖尿に関しては、少しの怪我から「壊死」して、心臓に菌が入って死に至るケース等々が存在しています。

 

まとめ

肥満によってもたらされるものに関しては、身体的なモノも大きいですが、精神的なものも大きいと考えています。

 

肥満が原因でいじめられたり、肥満が原因で彼氏・彼女ができなかったり、肥満が原因でスポーツができなかったり、肥満が原因で好きな洋服が着れなかったりと、悩みは尽きないと思います。

 

しかし、スリムになればどうでしょう??

 

肥満による病気の心配もなくなるし、肥満が原因でいじめられることもなくなりますし、スポーツも楽しめるようになって、好きな洋服も好きなだけ楽しめるようになるかもしれません♪

 

ダイエットの目標は人それぞれですが、やる価値は十分に存在するんです♪
是非!当サイトを活用いただいて、スリムを手に入れてください♪

 

 icon-arrow-right 続けて読みたい!